リモカマガジン第18号


昨今の「カリカリ」事情/さまざまなメディアでリモカが紹介されています!

  こたつ
 ペットのドライフードを指す言葉、「カリカリ」。よくよく考えてみると、不思議な響きを持つ言葉です。今回は「カリカリっていったい何なのか?」考えてみたいと思います。
 また、たくさんのお客様にお使いいただいている「リモカ」ですが、最近メディアで取り上げられることが多くなっています!取り上げていただいたメディア情報についてお伝えします(*'▽')


*〜*〜* 目次 *〜*〜*

特集……昨今の「カリカリ」事情
ニュース……さまざまなメディアでリモカが紹介されています!
参加企画……テーマは「冬」!!「うちの子が一番冬にぴったり?!」写真募集
お得……リモカ☆ハッピークリスマスキャンペーン 2014


 

≪特集≫ 昨今の「カリカリ」事情

 
   
  犬グラフ
 健康志向が高まった現在、手作りのご飯やおやつは当たり前になりつつあります。
リモマガでも、過去にこんな特集をしました。
⇒リモマガ第12号「食欲の秋♪ 秋の素材おやつを愛犬・愛猫に手作り!」

しかし、今回はペットフードの原点にもどり、何だか懐かしい響きのする「カリカリ」を特集してみたいと思います。


【カリカリとは?】
 ご存知のように、ペットフードの中でも硬くて水分量の少ないもの(ドライフード)を、カリカリと呼びます。 水分量が10%以下と、非常に乾燥しているため、ペットが噛んで砕くとカリカリッと音がします。 その噛んだ時の「カリカリッ」という音から、「カリカリ」という名前になったのでしょう。
 「カリカリ」という音が、そのまま食べ物をあらわす共通語になっているところが何だか面白いですよね。


【カリカリの人気度】
 カリカリは日本国内において、犬用で70%、猫用で66%(※)と非常に大きなシェアを誇っています。
 10年前と比べると、犬を飼っている家庭では100人のうち2人がカリカリをソフトドライタイプ(水分量10%〜30%程度)に変えていますが、逆に猫を飼っている家庭では、10人に1人が缶詰などのウェットフードからカリカリに変えたようです。 カリカリは総合栄養食であるものが多いのに対して、缶詰は一般食であるものが多いです。 おそらく最近の健康ブームの中で、栄養の偏りやすい缶詰のウェットフードから切り替えたり、カリカリと缶詰の両方を併用して食べさせるようになったりした影響なのでしょう。

  ※農林水産省「ペットフード産業実態調査」より


【なぜカリカリを皿の外に出して食べるのか??】
「うちの子、どうして食べるのが下手なんだろう?」
「うちの子ポロポロこぼしちゃうのよね〜」
 なぜかお皿の外に出して食べ、その挙句周りにこぼして散らかしてしまう…。そんな風景に心当たりはありませんか?
 一々散らかされると片づけるのも一苦労で大変ですよね。なぜ、ご飯を外に出してしまうのか?その理由をご紹介します。

<理由1>歯の隙間からこぼれてしまう
 犬や猫には、人間や草食動物のようにすり潰すための歯がありません。獲物を狩って、肉を食いちぎりやすいように鋭く尖った歯が生えています。カリカリは丸くて小さく、歯にひっかかりにくいので、隙間からこぼれてしまうことも多いのだとか。

<理由2>周囲が見えなくなる
 野良猫経験があったり、他に食べることが大好きなわんにゃんがいたりする場合、食べ物を奪われることに警戒心をもつ子がいます。 皿に顔をうずめて無防備に食べていたりしたら、迫ってくる危険に気づかないかもしれないのです。 その癖が続いていることが可能性として考えられます。

<理由3>顔を左右に振る
 狩りをして獲物をとっていた時代は、前足で押さえて獲物にかみつきながら顔を左右に振って肉を引きちぎって食べていました。その名残か、ネコちゃんは特に、口にくわえて顔を振る子がいるようです。顔を振ってしまうため、カリカリが口からこぼれて飛び出てしまうのですね。


<対策>フードや皿を変えてみる
 上の3つなどの理由で、ワンちゃんやネコちゃんはカリカリを皿の外に出して食べてしまうということがわかりました。これらは歯の形状であったり習性であったりして、「しつけ」などですぐに直すことは難しいでしょう。ですから、まず、食事の環境を整えるということを考えてみましょう。
 例えば、皿が深すぎると食べにくく、浅すぎるとこぼれやすくなる原因にもなります。身体のサイズに合わせたお皿を選んであげることも必要です。また、食の細い子であると、気に入らない食べ物をわざと落として「変えてほしい」と主張する子もいるのだとか…。一度、フードそのものを見直してみるのも良いかもしれませんね。


★リモカonlineショップでも、「カリカリ」を扱っています!詳しくは⇒こちら!



≪ニュース≫ さまざまなメディアでリモカが紹介されています!

  インタビュー
   
【「ダウンタウンDX」でリモカが紹介されました!】
 なんと、今度は読売テレビ「ダウンタウンDX」でリモカが紹介されました!「ダウンタウンDX」といえば、ダウンタウンのお二人が司会を務める人気バラエティー番組。12月11日(木) の「ペット&動物大好き芸能人大集合スペシャル」で、セレブモデルの大沢ケイミさんにご紹介していただきました
 愛犬を見守るために「リモカ2」をご愛用してくださっている大沢ケイミさん。他の出演者の方にも「すごくいいよ!」「買って買って!」と勧めるなど、べた褒めでした!ありがとうございます!


【辰巳出版の雑誌「猫びより」でもリモカが紹介されました!】
 さらに!現在発売中の「猫びより 1月号」(辰巳出版)でも、リモカ2が紹介されました!

自分が家を留守にしているとき、猫たちは何をしているのだろう?ずっと寝ているのかな?さびしくないかな? そんなことを考えたこと、ありませんか?

 この雑誌では、お留守番中の猫ちゃんたちがどんな様子で過ごしているのかを、リモカ2を使って、こっそーり覗いてみています。 思いがけない姿や行動をしているネコちゃんたちがとても可愛いです。ぜひご覧ください。

リモカ2の詳細はこちら≫




≪参加企画≫ テーマは「冬」!!「うちの子が一番冬にぴったり?!」写真募集

 
新しい季節にふさわしいリモカマガジンとリモカのTwitter、facebookの表紙を作るために、「私の愛犬・愛猫と冬」をテーマにした写真をぜひお送りください!!

撮影テクに自信がなくても大丈夫。ペット写真は腕より愛情です♪
採用された方にはQUOカードを差し上げます。
「ペットと冬」という件名をつけて、下記宛先までメールでお送りください。

(掲載する写真は大きさ 、明るさ、リモカロゴなどの加工をする場合があります)
(当選の発表は商品の発送をもって代えさせていただきます)
(応募多数の場合は抽選になります)

応募メールはこちら≫




≪お得≫ リモカ☆ハッピークリスマスキャンペーン 2014

 
今年も、クリスマスの季節がやってきました!!
リモカをご愛用いただき、リモマガをご愛読いただいた感謝の気持ちを込めて、クリスマスキャンペーンを行います!

なんと、豪華な特典2本立て!!!

[特典1]
リモカシリーズがお得になるクーポン!
  リモカSの詳細はこちら≫
  リモカ2の詳細はこちら≫
  リモカの詳細はこちら≫

[特典2]
高級ドッグフードをプレゼント

*+:。.。 。.。:+**+:。.。 。.。:+**+:。.。 。.。:+**+:。.。 。.。:+**+:。.。 。.。:+*
クリスマスクーポンの使い方はカンタン☆

1. リモカオンライン無料会員登録をする。(お済みの方は2へ)
2. マイアカウントにログイン。
3. マイアカウントページで、クーポンコードをチェック!
4. リモカシリーズのいずれかをカートに入れる。
5. お支払方法選択画面で、クーポンコードを入力する。⇒完了!
*+:。.。 。.。:+**+:。.。 。.。:+**+:。.。 。.。:+**+:。.。 。.。:+**+:。.。 。.。:+*

愛するペットにとって一番のプレゼントは、大切なあなたと一緒に過ごす時間です。留守番中も目を離しているときも一緒に居てあげたい方に、「リモカ」はおすすめです♪





リモカマガジンの感想を募集中!

リモカマガジンへのご感想・ご意見・アドバイスお待ちしております♪

「リモカマガジン18号感想」という件名をつけて、下記宛先までメールでお送りください。

応募メールはこちら≫


 

編集後記

 
   
 
 
うちの子(犬)はご飯の時間が大好きなので、カリカリをお皿に入れる「コロンコロン」という音が聞こえるとタタターッと走ってやってきます(笑)   (編集部員 リカより)



↓↓↓前号までのリモカマガジンはこちら↓↓↓


↓↓↓かわいいくって役立つペット情報満載☆ リモカSNSはこちら↓↓↓
  


※メルマガの掲載内容は2014年12月19日現在のものです。詳細は各施設やメーカーに直接お問い合わせ下さい。
※個々の犬の健康状態については獣医師とご相談ください。



=== 発 行 元 ===

 中央システム技研株式会社 リモカマガジン編集部

 住所 〒185-0032 東京都国分寺市日吉町4-13-2
 電話 042-321-5441

 ホームページ http://remocashop.jp/